こんなトラブルはありませんか?

矯正治療のトラブルをご紹介します

矯正治療は歯に余計な負担をかけないようにするために、ゆっくりと移動させていきます。そのため、治療が終わるまでに長い時間がかかってしまいます。そのため、治療中にトラブルが起こる可能性もゼロではありません。
さいたま市北浦和の矯正専門歯科医院「Silver Lace矯正歯科」が矯正治療中に起こりやすいトラブル例とその対処法
ついてご説明します。心配なことがありましたら、
お気軽にお電話ください。

装置が外れた:ブラケット

装置が外れた 口から出てきた場合は、お持ちください。
ワイヤー上で浮いていたら、そのままでも結構です。
一番端が外れて、ワイヤー自体が当たって痛い場合は、
爪切りなどでワイヤーごと切ってください。
矯正装置はしっかりと固定されていますが、食事中や運動中など無理な力がかかると外れてしまうケースもあります。
その場合は再び装着する必要があるので、できるだけ早く
当院までご連絡ください。なお、矯正装置は小袋などに
入れてお持ちください。

装置が外れた:ワイヤー

装置が外れた ワイヤーは、無理な力がかかるとブラケットから
抜けてしまったり、ずれて飛び出てくることがあります。
ワックスでブラケットに固定するか、爪切りなどで出ている部分を切ってください。ワイヤーが外れてしまった場合も
歯は動きません。その場合は再び装着する必要があるので、できるだけ早く当院までご連絡ください。

装置が口の中に当たって痛い

装置が口の中に当たって痛い 矯正装置の当たり方によっては、粘膜にこすれて痛みを
感じたり、口内炎になってしまったりすることがあります。
そのような場合は、装置が当たる部分にワックスを
つけることで改善することもあります。

矯正を始めてから食事がしづらくなった

矯正を始めてから食事がしづらくなった 矯正治療がスタートしすると、お口の中の環境がガラッと
変わるので、食事のしかたにも工夫が必要になります。
まずは柔らかいものから試してください。固いものや、
噛み応えのある食べ物は、小さく切ったりいつもより
柔らかくなるような調理法に変える必要があります。
また、取りはずしのできる矯正装置でも歯を動かしていることには変わりないので、咬み合わせも毎日変化していきます。今まで咬めていたところで咬めなくなるなど、歯の
当たりかたが変わります。段々慣れてきますが、
気になるときはご相談ください。

歯ぐきが腫れた

歯ぐきが腫れた 矯正装置を付けているとブラッシングが難しくなるため、
十分にケアできずに歯ぐきが腫れてしまうことがあります。
歯ぐきの腫れを防ぐため、矯正装置と歯ぐきの間を丁寧に
ブラッシングしましょう。正しいケアができていれば、
数日で腫れはおさまります。痛みを伴い、歯ブラシを
当てることが出来ない場合は、お電話の上ご相談ください。

ワイヤーが折れた

ワイヤーが折れた 矯正装置のワイヤーが折れてしまった場合は、早急に修理が必要です。
そのまま放置していると治療に支障がでることはもちろん、折れたワイヤーがお口の中に刺さる恐れもあります。


保定装置が壊れた・失くした

保定装置が壊れた・失くした 保定装置の破損・紛失は、歯並びの後戻りに直結します。
修理・再製作が必要になりますので、早急にご来院
ください。
保定装置の破損・紛失が原因による再治療については、
別途費用が発生しますのでご注意ください。

矯正無料相談 WEB予約フォームはこちら